トップ

妊活には適度な運動

妊活中に激しい運動はしない

妊娠中に運動はいいのか

これから赤ちゃんの誕生を希望しているカップルは、是非夫婦で健康に努めリラックスしながら妊活を続けて頂きたいと思います。よく、妊活中は運動することを勧められますが、これには色々な理由があります。

一つは、運動することで適度な筋肉が付き、冷え対策に繋がるかことが挙げられます。同じように、運動すると血流が良くなりやはり冷えにくくなります。ご存知のように、冷えは健康を害したり美容の敵だったりするだけでなく、妊娠しにくくなるといったデメリットもありますから、体を温めることができる運動はとても良いことだと言えるでしょう。

中でも、妊娠に関係する臓器である卵巣や子宮などは、特に冷やしてはいけない部位です。こういったことを防ぐ為にも、運動は是非したいところです。これは、まさに妊活に必要な情報だと言えるでしょう。

しかしながら、注意しなければならないこともあります。それは、激しい運動を続けてしまうと、むしろ妊娠しにくくなってしまうということです。激しい運動を行うと、どうしても体の中で活性酸素がたくさん発生してしまいます。この活性酸素が曲者なのです。大量に発生すると体が酸化し、老化に繋がってしまいます。これは、卵子や精子にも同じように影響します。激しい運動は、妊活の妨げになりますので避けるようにしましょう。

妊活中に運動が良いとされる理由は他にもあります。肥満が不妊の原因になることもあるのですが、上手に適度な運動を取り入れれば、太りにくくしたりダイエットを成功しやすくしたりできます。この「適度な運動」がポイントです。

活性酸素を極力発生させないように、且つ妊娠しやすくなる為には、ウォーキングやストレッチ、ヨガなど、あまり頑張り過ぎない運動がお勧めです。運動は、良い気分転換にもなってくれますので、是非無理せずリラックスしながら続けてみてください。